埼玉県・JR南越谷駅&東武新越谷駅から徒歩15分……医療、資格の専門学校/看護学校【視能訓練士・看護師養成】

 

日本医科学衛生福祉専門学校・日本医科学看護専門学院

 

視能訓練士科

看護学科

Information

Campus

 

 

 

  学習内容

  就職について

  Q&A

  先生から受験生へ

  在校生の言葉

  卒業生から受験生へ

村上学園グループ

 

 

視能訓練士科の養成期間は3年。一般教養科目から専門科目の習得、さらには数々の実習や国家試験の準備など、十分なカリキュラムを着実に消化していきます

 

一年次に視能訓練士になるための土台をつくる

 

一年次は、基礎科目、教養科目を中心に学習し、視能訓練士となるための土台作りをします。

一部の専門科目を学びながら、二年次以降のより高度な知識・技術の取得に備えます。やや難しく感じられるかも知れませんが、誰もが理解できるよう丁寧に指導します。資格取得と共に飛躍への可能性を広げるカリキュラムを組んでいます。

 

二年次には、視能矯正学実習を中心とした専門科目の学習

 

二年次は、視能矯正学実習を中心とした、専門科目の学習が始まります。

視能矯正学総論では、脳神経における眼に関する解剖・生理・病理を学習。なぜ検査を行うのか、その検査にはどのような意味があるのかなど、理論的な部分を十分に理解した上で実習として、眼科一般検査を実施します。視力、視野、色覚、眼位・眼球運動などでは、各種検査の実際を学びます。

各論実習では、少人数のグループに分かれて、各種の機器を実際に手にして、機器の原理や操作法、患者への対応までをきめ細やかに指導します。

また、福祉施設や保育施設での学外学習も実施され、仕事の現場を直接感じることができます。

 

実習を通じてレベルアップし視能訓練士を目指す

 

三年次は、講義や実習で身につけた力を大学病院や総合病院の眼科で実践します。

医師や先輩視能訓練士の指導のもとで、診療や検査の手順を学び、視能矯正訓練の実習を行います。この実習では、技術水準レベルアップを目指すだけではなく、患者さんに配慮しながらスムーズ検査をすることも学びます。

国家試験の準備も怠りなく進められ、集中講義も実施。眼科医の良きパートナーであり、優秀な視能訓練士としての知識・技術の総仕上げを行います。

 

視能訓練士科 教育カリキュラム

分野

科目

指定規則上の単位数

学則上の単位数

全学年

1学年

2学年

3学年

単位

時間

前期

後期

前期

後期

前期

後期




心理学

14

14

2

30

30

 

 

 

 

 

教育学

1

15

 

15

 

 

 

 

情報学

1

15

 

15

 

 

 

 

生物

2

30

30

 

 

 

 

 

物理学

2

30

30

 

 

 

 

 

数学・統計学

2

30

30

 

 

 

 

 

外国語(英語)

3

45

30

15

 

 

 

 

体育(運動生理学)

1

15

 

15

 

 

 

 

小計

14

14

14

210

150

60

 

 

 

 






医学の成り立ちと医療

8

8

1

15

15

 

 

 

 

 

解剖学

1

20

20

 

 

 

 

 

生理学

1

15

15

 

 

 

 

 

視器の解剖・生理・病理学

2

30

30

 

 

 

 

 

脳・神経学(臨床生理学)

1

15

 

 

15

 

 

 

発達心理学

1

15

 

15

 

 

 

 

臨床心理学

1

15

 

 

 

15

 

 

内科学

8

8

1

15

 

 

15

 

 

 

小児病学

1

15

 

 

15

 

 

 

精神保健

1

15

 

 

15

 

 

 

看護学概論

1

15

 

 

15

 

 

 

看護技術

1

15

 

 

 

15

 

 

障害学T(手話)

1

15

 

 

15

 

 

 

障害学U(点字・マナー接遇)

1

15

 

 

 

15

 

 

栄養学

1

15

 

15

 

 

 

 

視覚生理学

8

10

1

15

 

 

15

 

 

 

生理光学

2

30

 

30

 

 

 

 

視覚機能検査機器学

5

75

75

 

 

 

 

 

医用工学

1

15

 

15

 

 

 

 

医学写真

1

15

 

15

 

 

 

 

関係法規

5

5

1

15

15

 

 

 

 

 

社会福祉

1

15

 

 

 

15

 

 

公衆衛生学概論

1

15

 

 

15

 

 

 

リハビリテーション医学

1

15

 

15

 

 

 

 

保育

1

15

 

 

15

 

 

 

小計

29

31

31

470

170

105

135

60

 

 




視能矯正学概論

10

11

1

15

15

 

 

 

 

 

視能矯正学総論T

2

30

 

30

 

 

 

 

視能矯正学総論U

2

30

 

 

15

15

 

 

視器の解剖・生理・病理学演習(実習含)

1

30

 

 

 

30

 

 

視覚生理学演習

1

30

 

 

 

30

 

 

生理光学演習

1

30

 

 

 

30

 

 

基礎視能矯正学演習

2

60

30

30

 

 

 

 

視能矯正学研究法

1

15

 

 

 

 

15

 

視能検査学I

10

14

1

15

 

15

 

 

 

 

視能検査学II

4

60

 

 

30

30

 

 

視能検査学演習I

4

120

30

90

 

 

 

 

視能検査学演習II

4

120

 

 

120

 

 

 

眼科薬理学

1

15

 

15

 

 

 

 

眼疾病学I

6

6

1

15

 

15

 

 

 

 

眼疾病学II

1

15

 

 

15

 

 

 

神経眼科学

1

15

 

15

 

 

 

 

小児眼科学

1

15

 

 

15

 

 

 

保険予防学

1

15

 

 

 

15

 

 

ロービジョン学

1

15

 

 

15

 

 

 

視能訓練学概論

10

12

2

30

 

 

 

 

 

30

視能訓練学各論

4

60

 

 

30

30

 

 

視能訓練学演習I

1

30

 

30

 

 

 

 

視能訓練学演習II

5

150

 

 

30

120

 

 

視器の解剖・生理・病理学
視覚生理学、生理光学、臨床実習

14

14

4

180

 

 

 

 

180

 

視能矯正学臨床実学

2

90

 

 

 

 

90

 

視能検査学臨床実習

3

135

 

 

 

 

135

 

視能障害学臨床実習

2

90

 

 

 

 

90

 

視能訓練学臨床実習

2

90

 

 

 

 

90

 

保育、社会福祉実習

1

45

 

 

45

 

 

 

小計

50

57

57

1560

75

240

315

300

600

30

その他(国家試験対策)

 

12

12

180

 

 

 

 

 

180

 

総計

93

114

114

2420

395

405

450

360

600

210




 

Copyright(c) 2007 NIHON IKAGAKU, All rights reserved